放射線技師のにちじょ〜。

放射線技師がお酒とガジェットを紹介するブログ。

【Amazon食費節約術】Amazonを利用して1ヶ月21000円の節約に成功!!

f:id:iwataro:20180707012538j:plain

みなさん、こんにちは!いわたろです。

 

みなさんは月々の食費はどのくらいかかっているでしょうか?

僕はというと、コンビニとかスーパーの惣菜とかに頼りがちなので結構高くついてしまっています。

自炊をすれば安く済むのかもしれませんが、あまり料理に慣れていない僕の場合、自炊をした方が高くつくことが多かったり、そもそも残業が多くて家に帰る時間が遅いので、自炊する時間もないのが現状です。なのでコンビニなどで夕ご飯を済ますことも多くなってしまうんです。

 

そこで先月からAmazonの力を借りて、月々の食費を抑える努力をしてみました!!その結果をご報告しようかと思います。

 

結論から先に言うと、Amazonでレトルト食品を買うのは結構オススメです(笑)

 

 

Amazonで買った食品はこれ!!

 では先月にAmazonで購入した食品をご紹介したいと思います!とりあえず即席で作れて、量もたくさん入ってるものを選んで買ってみました。

 

キューピーやさしい献立 容易にかめるアソートセット

10種11食分で2138円。1食あたり194円。

 

日清カップヌードル ナイス濃厚!クリーミーシーフード

12食分で2110円。1食あたり176円。

 

Happy Belly エネルギーゼリー マスカット味

24食分で2280円。1食あたり95円。

 

 アマノフーズ ビストロリゾット

4食分で728円。1食あたり182円。

 

アマノフーズ 炙り海鮮雑炊

6食分で909円。1食あたり152円。

 

クノール カップスープ バラエティボックス

30食分で1267円。1食あたり42円。

 

マルコメ 料亭の味 フリーズドライみそスープ

30食分で1598円。1食あたり53円。

 

昔と今とでの食費の差はこのくらい!

Amazonでさきほどの食品を買う前と買ったあととでの比較として、平日1日分の食費の差を見ていきます。

 今までの1日の食費

いつも朝食としてコンビニでウィダーinゼリーを1個購入しています。お昼ご飯はコンビニ弁当。夜ご飯はコンビニ弁当プラスαを購入しています。つまり毎日コンビニ漬けです(笑)。

 

 ウィダー(200円)+お昼コンビニ弁当(500円)+夜ごはん(800円)

1500円/day

 

夜ご飯の食費が高すぎますね。コンビニを利用するとどうしても余計なものまで購入していまいがちなのでそこがネックですね。

 

現在の1日の食費

それでは今の1日の食費を計算してみます。

まずは朝食ですが、さきほどのウィダーinゼリーの代わりとして、AmazonブランドのHappy Belly エネルギーゼリーを飲んでいます。値段的にはウィダーの半額で済むのでお得です。

つぎの昼食は依然と特に変わらずコンビニ弁当です。なので昼食はとくに節約には関与していません。

夕食ですが、コンビニは利用せず、Amazonで購入したどれかを1食分食べています。はっきりいって1食の量はコンビニ弁当に比べると少ないです。でも不思議とお腹は満ち足りてしまいます。なおかつ最近ちょっとずつ体重が落ちています(笑)。

 

 エネルギーゼリー(100円)+お昼コンビニ弁当(500円)+Amazon(約200円)

800円/day

 

これだけお得になりました!!

今までの1日の食費は1500円。それに対して現在の1日の食費は800円なので、その差額は

1500円ー800円=700円!!

約半額くらいにまで落とせました!

仮に現在の食生活を1ヶ月続けた場合にはなんと

700円×30日=21000円/月!!

 

これだけ食費が浮くと考えれば、Amazonを利用する価値は十分あります!

 

結論、Amazonはお財布の味方!!

僕の場合はAmazonを利用したら食費が21000円の節約ができました!

といってもこれはもしかしたら僕の今までの元々の1日分の食費が高すぎたのかもしれません。でもどうしても仕事が忙しいので夜ご飯はコンビニでいろんなものを買ってしまうんですよねー・・・。

 

Amazonに切り替えてからはコンビニを利用する頻度が極端に減ったので余計なものを買わずに済んでいることが結構大きかったりする気がします。

みなさんもよかったらAmazonを上手に利用して食費を抑えてみましょう!

 

では、今日はこの辺で!