daily RAD

放射線技師を目指している学生さんや新人の放射線技師の方向けの記事を主に書いています。また僕のおすすめする家電やお酒などを淡々と紹介していくブログです。

ブロガー初心者が早く記事を書く方法!ポイントは記事完成までの手順を確立すること!

f:id:iwataro:20180930181552j:plain

ブログの記事を書くとき、皆さんはどのくらい時間をかけているでしょうか。

僕は大体2時間くらいで書き終わります。僕はこの時間で書き終えることに結構満足していますが、熟練ブロガーの方ならもっと早く書ける人が多いかと思います。

それに対して新人ブロガーの方は結構1記事1記事に時間がかかってしまっている人が結構いるように感じます。まだ始めたばかりなのでしょうがない部分はあるかと思いますが、それでも次第に投稿スピードに差が生まれてくることも事実です。

記事を早く書ける人とそうでない人の差って何でしょうか。

おそらくそれは、記事を書くまでの過程をしっかり確立できているかどうかの違いです。

まだブログに慣れていない方はきっと記事を書きながら文章の構成や内容をかんがえていたりするんじゃないでしょうか。勿論それも悪くないですが、もっと効率よくしたいと考えているのであれば、一度自分なりの記事を書く手順を考えてみてはいかかでしょうか

今回は例として、僕のいつもの記事を書く手順を紹介したいと思います。

 

 

まずは当然記事ネタ探しから!

f:id:iwataro:20180930231620j:plain

 さっそくブログを書こうと思ったときに、「さて今日は何を書こうか」と考えると思います。いわゆる記事ネタ探しですね。これは意外と鬼門で、記事ネタ探しに苦しめられてきた事がある人がほとんどです。

記事ネタが見つからない=記事を書くことができないわけで、ここはできればスムーズにいきたいところです。

では僕はいつもどうやって記事ネタを探しているかというと、これはもうありきたりですが、ネットサーフィンやSNSで見つけたホットな話題だったり、自分の家にある便利な家電をネタにしたりしてます。あとは僕は診療放射線技師の仕事をしているので仕事関連のことや国家試験の対策などをネタにしたりしています。

 

次はブログ内容の構成!ノートにアウトプットしよう

記事ネタが決まったら今度は今から書く記事の構成を考えましょう。

闇雲に記事を書きながら構成を考えると、その考える時間が効率を悪くしますし、内容もチグハグになりがちです。

構成を考える上で僕のオススメは、ノートに書きたい内容を羅列する方法です。

 とりあえず思いついたことをたくさん殴り書きしておくと、文章の構成がしやすいです。この殴り書きした中から書きたいこと、関連しているものを見つけて記事の流れをまとめたり見出しを作成したりすることができます

以前僕が放射線技師向けの記事を書いたときのノートがこんな感じです(字が汚くてごめんなさい)。

f:id:iwataro:20180930182346j:plain

こうやってたくさん思いついたことを書いて、書きたい内容を取捨選択した結果、このノート1枚からこの2つの記事が生まれました。

記事を書いたときに使った内容には横線を引いて、まだどの内容を書いていないのかをわかりやすくしています。

まだその2記事に使っていない内容があるので、この1ぺージからまだまだ記事が書けそうです。

 

ネットや本で情報をかき集めてEvernoteで管理しよう!

さきほどノートに羅列した文字のみで記事を書くと相当内容が薄いので、肉付けをするためにやはり自分でそれらに関連する情報をかき集めなければなりません

ではどうやって情報を見つけてくるのかというと、これもネットが非常に有効です。逆にネットで情報が集まらいような内容を書くことは避けたほうが良いといえます。需要がないでしょうから。

僕の場合はネットだけでなく医学系の本から引っ張ってきたりします。

情報は出来るだけ一緒にまとめておいたほうが見やすいですし、記事を書く際の効率にもつながりますが、ネットや本は媒体が別々であるがゆえに一括で管理することがなかなか難しいですよね。

そこで僕はEvernoteを活用しています。 

f:id:iwataro:20180930182444p:plainEvernoteならウェブページをそのままクリップできますし、本も必要なページのみ写真を撮ればそのままEvernoteのノートに入れることができます。またPDFなどのファイルも入れられるのも強みです。

 

あとは記事をひたすら書くだけ!

ここまでくれば記事を書く材料、文章の構成が完成しているわけですからもうひたすらキーボードをカタカタしていくだけで良い記事が書けます!

今回は、これまで50記事以上書いてきた僕のブログの書く手順を例に挙げましたが、これが正解というわけではないです。その人に合ったスタイルというものが必ずあるはずですのでそれを模索していくのが一番良いんじゃないでしょうか。

記事の書く時間が短くなれば自然とブログを続けていくことが苦にならないようになりますよ!がんばってください。